マカを深く
知りつくす!

効果的なマカの摂取方法は?

マカに含まれるポリフェノールやアルギニンの働きによる、アンチエイジングや疲労回復、精力増強効果が話題になると様々なマカのサプリメントやドリンクが販売されるようになりました。

強力といわれるマカの効果を、一番効果的に摂取する方法は何なのか。 皆さんはご存知でしょうか?

今回は、マカの効果的な摂取方法について、皆さんにご紹介させて頂きます。

黒色のマカはより効果が高い

マカはアンデス山脈の厳しい環境で育つ植物です。 実は、マカは栽培される土地の状態によって色が変わることをご存知でしょうか? マカ自体には種類はありません。

あくまでも栽培環境の差によって色が出てくるのですが、統計的に調査した結果「黒いマカ」には他の色のマカよりもポリフェノールとアルギニンの含有量が多いといわれて います。 つまり、より効果の高いマカを摂取したい場合は、黒色のマカを摂取するほうが良いと考えられるのです。

産地により成分が異なるマカ

そもそも、アンデス山脈の標高4000m付近で栽培されていたマカです。 最近では、簡単に手に入れられるように平地での栽培が試みられていますが、山脈栽培のような品質の良い物ではありません。

質によって摂取目安も変わる

品質の良いマカの場合、摂取する量を70g程度にすると効果を実感できるといわれています。 品質の悪いマカの場合、摂取量をさらに増やさなければ効果を感じることが難しいといわれています。(成分量にもよりますが倍以上の場合もあります)

これは、単純に考えれば当たり前の話ではありますが、医薬品ではないマカの効果を実感するためには、継続して摂取しなければならず、継続だからこそ品質の良し悪しはとても重要なポイントです。

産地と量のポイント

アンデス山脈で栽培されている品質の良いマカを、平均的に70g程度毎日摂取する事。

70gはあくまでも平均的な量として考えられていますから、人によってはもっと少なくても効果を感じることができる場合もあります。 その逆もまた然りです。

自分に合った量を導き出すためには、毎日継続しながら統計を取るしか方法はありません。

摂取する時間帯は?

研究者によって様々な時間帯が紹介されていますが、この記事では「寝る前」の摂取をおすすめさせて頂きます。 その理由は、身体の回復に合わせてマカの成分を効果的に利用したいからです。

一日酷使した身体を休める睡眠前に摂取することで、身体を回復する効率をアップさせることができます 。

マカに含まれるポリフェノールとアルギニンの疲労回復効果と新陳代謝促進効果により、血の巡りが良くなり細胞への栄養の運搬が促進されます。 その結果、細胞の代謝が促進され、古い細胞から新しい細胞への交換サイクルの効率がアップすると考えられます。

日中の摂取は疲労回復にはあまり効果なし?

身体を動かしている途中の日中に摂取すると、疲労を感じるタイミングが遅れるだけ(元気でいられる時間が長くなる)で、回復には繋がりにくいといわれています。

いざという時の身体の強さを補いたいなら、休む時に徹底的に休み、動く時に威力を発揮できるのがベストではないでしょうか。 しっかり寝たのに、朝起きたタイミングで身体が重いと感じる方には、この方法は特に効果的です。

眠る前のマカを是非試してみて下さい。

ページのトップへ戻る