マカを深く
知りつくす!

免疫力を強化してくれるマカ

民族の衝突が絶えず、戦闘行為が多かったと考えられる古代インカ帝国の時代。 その時代に、戦士たちの健康を維持するために利用されていたマカ。

インカ帝国の人々が注目していたマカの効果の一つが「免疫力の強化」です。 今回は、マカによる免疫力の強化について、皆さんにご紹介させて頂きます。

古代人も注目していたマカの免疫力効果

「戦う」という行為が多かった時代、古代インカ帝国。 戦士たちは、常に刺し傷や切り傷に見舞われていました。

傷から病原菌やウィルスが侵入し、生命の危険に晒されるのは、今も昔も変わりはありません。 その確立は現代に比べれば格段に高かったと考えられます。

そんな状況の中で注目されていたのがマカでした。 マカを食べていた戦士たちが怪我をしても回復が早く、病気になり難いという事実を統計的に気づいていたからです。

古代インカ帝国の人々は、マカを大切なものとして貴重に扱い、厳しい自然の中(標高約4000m)で栽培に挑戦していました。 「インカ帝国の戦士の強さの秘密はマカにある」という記述が、現代に伝わる歴史書に残っているそうです。

なぜマカで免疫力がアップするのか

科学・化学の進んだ現代。 マカの効果・効能の秘密の多くが解き明かされています。 その結果、マカによる免疫力の向上は、強い「抗酸化作用」によるものだと考えられています。

抗酸化作用によって、細胞の活性化が促進され、常に新しい細胞が生まれる状態を作りやすくなります。 「細胞」と書きましたが、それは人体を構成する全ての部分にあたります。 内蔵や骨、皮膚や爪などの全ての部位に影響を及ぼすと考えられており、病原菌やウィルスに負けない身体を維持するために必要な作用なのです。

さらに、マカにはホルモンバランスを調整してくれる効果も認められており、ホルモンの分泌を促進させてくれる効果によって、血液中で重要な役割を担う白血球や赤血球を活性化させてくれます。

健康な内臓を維持できれば、食物摂取による栄養の吸収効率が良くなり、骨髄の働きがよくなれば健康な血液を体中に巡らせることができるようになります。

マカの抗酸化作用によって体中の細胞が活性化され、病気や怪我に負けない強い身体に変わっていく。 これがマカによる免疫力アップの根拠と考えられているのです。

毎日のマカで病原菌に負けない身体を

マカの効果・効能によって免疫力が向上し、病気や怪我に負けない身体を作ることができる。 その根拠と威力をご紹介させていただきました。

細胞レベルで元気になれる可能性は、私達の健康をより良い物にしてくれるに違いありません。

体中の細胞を元気にしてくれる効果を発揮してくれるマカ。 そのマカを毎日摂取すれば、病原菌やウィルスに負けない強い身体を維持することが出来そうです。

これを期に、毎日のマカを初めてみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る