マカを深く
知りつくす!

お酒とマカの飲み合わせは大丈夫?

男性向けの精力増強剤として知られているマカ。 そのマカとアルコール(お酒)を同時に摂取しても大丈夫なのでしょうか?

今回は、アルコールとマカの同時接種にスポットを当て、皆さんにご紹介させて頂きます。

同時接種は大丈夫なの?

結論から書きます。 基本的には、同時に摂取しても大丈夫です。 ただし、量と高血圧には注意しなければなりません。

そもそもですが、「マカ酒」と呼ばれる酒があることをご存知でしょうか? 読んで字のごとくマカを利用したお酒で、南米で親しまれているお酒です。 つまり、マカとお酒を同時に摂取する行為は、現地では当たり前と言えますね。

そもそも、マカは植物であり医薬品ではありません。 世界には植物をお酒に漬け込んだ物が多く存在しますが、マカ酒もその中の一つでしかありません。

マカ酒をイメージするならば、「高麗人参酒」などを思い浮かべてはいかがでしょうか。 味はまるで違いますが、考え方は同じです。

高血圧な方は注意が必要です

安心安全とは言え、度を超えた量を摂取するのは望ましくありません。 何事も適量が大切です。

一般的にマカの一日の摂取量は、約200mgとされています。 多くても400mgを超えると、身体に何らかの変化が現れます。

マカには血流をスムーズにする効果が認められており、ちの巡りが良くなると考えられています。 アルコールにも同様の効果が認められており、マカとアルコールを摂取することで相乗効果が期待できます。 とはいえ、度を超えて摂取すると、心臓の鼓動が早くなるなどの症状が現れる場合があります。

お酒を飲み過ぎた時の事を思い浮かべてください。 身体が赤くなり、動悸が激しくなった経験はないでしょうか。

マカとアルコールの相乗効果は、適量であれば調子を整えてくれますが、過剰摂取は心臓や血管に負担がかかり、血圧が上昇する可能性があります。

サプリメントとアルコールは大丈夫なの?

こちらも基本的には大丈夫と考えられています。 しかしながら、マカ酒と同様に適量を守らなければ、何らかの異常をきたす可能性があります。

サプリメントの多くは、マカの成分を濃縮しています。 さらに、マカ以外の効果・効能を持ったサプリメントが配合されている場合もあります。 単純にマカ酒と同じように考えるのは、安易すぎると考えられます。

通常の食事に、飲み合わせや食べ合わせがあるように、健康食品にも飲み合わせや食べ合わせがあるはずですね。 何事も、用法、容量を守って続けることが大切なのです。

血流を整え、新陳代謝を促進

適量のアルコールとマカを摂取すると、血の巡りが良くなり新陳代謝が促進されます。

代謝が促されれば、それだけ細胞に多くの栄養が運ばれ、エネルギーの燃焼が促進されます。 つまり、身体が軽やかに動きやすくなるわけです。

細胞の代謝が促進されれば、古い細胞から新しい細胞へのサイクルも促進され、その結果、アンチエイジングなどの効果が期待できます。

こういった効果が根拠となり、適量のアルコールとマカを続けることで、若々しく美しい体を手に入れられると期待されているのです。

ページのトップへ戻る