マカを深く
知りつくす!

マカで痛風予防!

足の関節に激痛が走る痛風。 「風邪が吹くだけで痛い」と表現されるほど、その傷みは本人にしかわからないほどの激痛です。

そんな痛風を、マカによって予防できる事をご存知でしょうか? 今回は、マカによる痛風予防について、皆さんにご紹介させて頂きます。

痛風の原因

痛風は「食生活の乱れたおじさんに多い病気」というイメージが多いのではないでしょうか。 しかし、近年では痛風にかかる年齢の若年化が指摘されています。

若くても痛風にかかり歩けなくなるほどの傷みに襲われる人が増えているのです。 しかも、女性にも多く発症していると言われています。

痛風の原因は、「尿酸」と呼ばれる成分の体内含有量が増加する事にあります。 尿酸とは、非常に強い抗酸化作用を持つ物質です。

少量であればアンチエイジングなどの促進に力を貸してくれる物質なのですが、血液中の濃度が上昇すると結晶化し、血管の中で詰まり始めます。 その結果、足の先や関節などの血管の節目に当たる部分で結晶が詰まってしまい、血管を傷つけて傷みに繋がるのです。

マカによる尿酸の分解

増えすぎた尿酸を分解するチカラ。 それがマカに含まれるグルコシレートです。 グルコシレートは、増えすぎた尿酸を無害な物質に変化させ、尿や汗と一緒に体外へ排出する働きを見せてくれます。

尿酸値を減少させるために、「納豆」「いんげん豆」「昆布」「バナナ」等のアルカリ性の食品を多く摂取することが求められていますが、それらを毎日摂取するのはなかなか難しいのが現状です。

ただ食べるだけではなく、ある程度の摂取量も求められます。 その点、マカであれば粉末やカプセルなどの種類が豊富ですので、毎日続けやすい物を選択することが出来ます。

多くのマカ製品は成分が濃縮されているものですから、大量に摂取する必要はありません。

摂取するタイミングは?

マカを摂取するタイミングは、目的によって様々です。

疲労回復や精力増強を期待するなら、就寝前に摂取し、人体の超回復効果を促進させる効果を期待します。 生活習慣病の改善等を期待するなら、毎日の食事のタイミングで摂取するのが効果的です。

尿酸値を下げる事を考えるのであれば、後者の「毎日の食事のタイミング」が望ましいと考えられます。 尿酸値が上昇する原因は、偏った食生活によるものが多いと考えられており、主には「プリン体」を含む食品によって上昇すると言われています。

実際に治療として紹介される方法は「食事療法」で、薬品による治療はそれほど多くありません。 毎日の食事のタイミングでマカを摂取することにより、血液中の尿酸値上昇を抑止する効果が期待されるのです。

そもそもの食生活改善が大切

「マカと一緒に食事すればモリモリ食べても大丈夫!」と勘違いされる方がいるかもしれません。 それは大きな間違いです。

毎日の食生活を改善しなければ、せっかくマカを摂取しても何も変わらない可能性が高くなるだけです。 食事について「酸性」「アルカリ性」を意識したバランスの良い物に意識的に変えて行き、その上でマカを摂取すれば、尿酸値の上昇は確実に抑えられるでしょう。

さらに、マカには様々な栄養素が豊富に含まれておりますので、元気な状態を持続する効果や疲労回復効果も狙えます。 食生活の改善と毎日のマカを続けて、痛風予防を実践し、元気な体作りを始めてみてはいかがでしょうか。

ページのトップへ戻る