マカを深く
知りつくす!

毎日のマカで理想的なホルモンバランスに!

ストレス社会と言われる現代。 およそストレスを完全に排除することは不可能と考えられており、そのストレスによってホルモンバランスが崩れ、体調不良になるケースが問題視されています。

体調不良の要因の一つと考えられているホルモンバランス。 そのホルモンバランスの調整にマカが有効であることをご存知でしょうか?

今回は、マカによるホルモンバランス調整効果について、皆さんにご紹介させて頂きます。

人の身体にはホルモンが100種類以上

ホルモンバランスが崩れるとはどういうことなのか。 私達の身体の中には、「ホルモン」と呼称される成分が100種類以上存在しています。

そのホルモン達は、お互いがお互いを支え合う関係にあり、良好なバランスを保つことで健康な身体の維持に貢献しています。 それらのホルモンのバランスが崩れ、良好な関係が崩れてしまうと、私達の身体に「体調不良」として現れ始めます。

私達の身体に起こる様々な病的症状の多くは、ホルモンバランスが崩れることによってきっかけが生まれると考えられており、精神的な変化ですらホルモンバランスが重要であるとも言われています。

具体的には、「頭痛」「生理不順」「肌荒れ」「体力低下」「免疫力低下」など、様々な症状が現れるきっかけと考えられているのです。

ホルモンバランスが崩れるとどうなる?

ホルモンバランスが崩れると最初に自律神経に影響が出ると考えられており、その結果、新陳代謝が弱まり始めます。 新陳代謝が弱まることで細胞のエネルギー生成が上手く行われなくなり、血液の流れがスムーズに行かなくなります。

その結果、血行障害や生理不順、便秘や体重増加、不眠や不安感、常にイライラしているなどの精神的な症状が現れやすくなるのです。 これらの症状が現れやすいのは、男性よりも女性に多いと言われています。

その理由は、男性に比べて精神的にも肉体的にもデリケートな部分が多いと考えられているからです。

マカによるホルモンバランス調整

ホルモンバランスが崩れるとはどういう事なのか様々にお伝えいたしました。 それらを避けるために効果を発揮してくれるのが「マカ」です。

マカに含まれるミネラル成分やアミノ酸によって、ホルモンバランスを整えることができると認められており、さらに女性ホルモンを補填する効果も見つかっています。

具体的には女性ホルモンである「エストロゲン」と同様の働きを見せてくれる「植物性エストロゲン」の効果が期待されています。 詳しく説明しますと、血行障害や生理不順の要因の一つとしてエストロゲンの減少が関係していると考えられており、マカに含まれる植物性エストロゲンがそれを補填してくれると期待されているのです。

エストロゲンの減少によって現れる症状の一つに「更年期障害」があるとも考えられており、マカのホルモンバランス調整効果によって、更年期障害の症状も緩和できると期待されています。 マカは男性の食べ物と言うイメージが強いですが、ホルモンバランス調整に注目すると、むしろ女性に摂取して欲しい健康食品と言えます。

良好なホルモンバランスは不妊治療にも

ホルモンバランス調整効果が、不妊治療にも期待されている事をご存知でしょうか。 マカに含まれる「アルギニン酸」と「リジン」は、それぞれ受胎能力の向上と性欲増強の効果を発揮してくれる成分として知られています。

特にアルギニンは生殖細胞の80%を占めると言われており、生殖器官を刺激し受胎に繋げやすくしてくれる成分として期待されているのです。

古代から、「子供は天からの授かりもの」伝えられているほど、妊娠は人間の思い通りになり難いものです。 優秀な戦士の子孫を残すために、権力者の血筋を絶やさぬために、古代インカ帝国ではマカを利用して子孫繁栄を実現していたと伝えられています。

ページのトップへ戻る